看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】

看護師オペ室求人ランキング TOP >> オペ室看護師の基礎 >> 1年目の看護師<オペ室>の現状は?

1年目の看護師<オペ室>の現状は?

毎年新しい看護師さんが医療機関への入職を果たしているわけですが、それでも残念なことに多くの方が毎年職場をリタイアされてしまいます。それほど、看護師のお仕事は自身が描く理想と現実との差が大きいタイプであると言えるでしょう。そのような状況でも最近は看護師業務の高度化・専門化が非常に著しく、特定の診療科にこだわって一生涯に渡っての活躍を目指す方も非常に多くなってきました。

特に専門性の高い業務を持つ看護師さんの一例を見てみると、オペ室の看護師さんが挙げられることでしょう。その存在の重要性がメディアでも取り上げられることが多くなってきたこともあって、オペ室での勤務に憧れを抱く看護師さんも急増中と言うわけですね。

さらに、中には1年目の新人看護師でもオペ室に入職を希望する方も珍しくなくなっています。ところが、この1年目からの看護師のオペ室勤務に疑問を抱く病棟看護師も非常に多くなっていることも事実で、その背景に看護師の間でもオペ室での勤務はあくまで看護師としての業務のほんの一部分に過ぎないという意識が存在しているからです。

確かに1年目でいきなりオペ室へと配置されますとそれが本人の希望によるものか否かに関わらず、看護師として患者の身体ケアなどの基礎実務を学ばずに1年目を過ごしてしまうことになりますので、看護師としての将来的な発展に不安が残ってしまうことも大いに考えられます。つまり、いずれかの治療分野でスペシャリストを目指していくにしても、まず基本的な病棟ケアを見に着けないと偏った人材が形成される危険性が高いという看護現場からの切実な意見と言えるのです。

また、オペ室の看護師は患者さんと接するチャンスが全然ないと言う訳ではありませんが、それはオペを受けるべき患者さんの一時的な期間だけになります。よって、長期的に患者さんの健康状態を把握できる能力を身に着けることはほとんどできないのも現状になるでしょう。実際に1年目から数年間オペ室に勤務していたために、通常の病棟勤務に移って職務の遂行が容易ではなかったケースも非常に多いと言われます。このため医療機関側もこのような弊害をなくすために、意識的に新人看護師をオペ室に配置しない方針を取っている所もあります

それでもオペ室へのキャリアアップ自体はまだまだチャンスも多いので、転職エージェントサービスを巧みに使って自分の生活リズムに合う職場を探してみるのも良いセレクトですよ。登録も無料ですのでとても嬉しいですよね。

オペ室看護師の求人にも強い転職サイトは?

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>【オペ室看護師求人ランキング】の詳細をTOPページで確認!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】 All Rights Reserved.