看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】

看護師オペ室求人ランキング TOP >> オペ室看護師の基礎 >> 看護師<オペ室>の男性

看護師<オペ室>の男性

医療業界において、女性看護師のしめる割合は、92パーセント程度といわれています。比率でみてみても、女性が多数を占めることが分かります。看護師の世界は未だ女性の職場となっているのです。

看護師には、病室で患者さんの世話にあたる病棟看護師と、手術チームの一員として加わるオペ室看護師にわかれます。病棟の看護師職とは業務が異なり、オペ室看護師の仕事は特殊な業務が多くなっています。主に、緊張感のともなった、真剣勝負となる手術に執刀医の補佐役として立ち会います。手術は、脳神経外科や心臓血管外科、消化器外科などといったすべての科目において必要とされます。看護師の中でも、患者さんとのコミュニケーションを必要としない代わりに、すべての科目ごとに対応できる知識が必要となってくるのです。

オペ室の看護師は、器械出しや外回りといった業務をとりおこないます。機器出しといっても簡単なものではありません。数多くの器具を使い分ける必要があります。手術の段取りを見て、器具を準備し、予測して器具を指しだす能力が求められます。単にはさみと指示されても、数多くありますので看護師が自分で判断しなければなりません。手術の流れを分かっていなくては、スムーズに手術を進行させることはもちろん、患者さんの命を脅かすことに繋がってしまうです。

最近では、こうした手術の場に男性看護師が起用されるようになっています。女性とおなじ環境で働くよりも、男性が多く働く環境での仕事だからということもあるでしょう。ですが、オペ室看護師は、仕事の内容が重いだけに、高い責任能力が必要になってきます。もちろん、作業が円滑にできなければ問題が生じる現場ですので、医師などの感情があらわになることも少なくありません。その一方、医師からの信頼を獲得することができれば、頼りにされる看護師として認められることができます。やりがいといった意味合いから見ても、病棟看護師よりも充実した、また実績を積むことのできる場といえるのです。

男性の得意とする冷静な判断力や感情に左右されることなく仕事をこなすことができるところは、オペ室看護師に向いています。どちらかといえば女性よりも男性の方が適任といえるます。長時間にも及ぶ手術などでは相当な体力を必要としますので、そういった面から見ても男性が活躍する場といえるでしょう。看護師としてオペ室看護師を目指してみるのも男性看護師にはおススメといえるでしょう。

男性のオペ室看護師の方にもおすすめの求人サイト!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>【オペ室看護師求人ランキング】の詳細をTOPページで確認!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】 All Rights Reserved.