看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】

看護師オペ室求人ランキング TOP >> オペ室看護師の基礎 >> オペ室看護師のメリット・デメリット

看護師<オペ室>のメリット・デメリット

人を助ける仕事がしたい、と志願してはいってくる看護師は向上心が強く、理想の職場環境を求めています。新人として仕事をはじめて、明るい未来を思い描いていたとしても、現実は展望どおりにはいきにくいものです。本当に選んだ病院が、自分に合っていたのかと、自問自答する時があります。時間が経過するにつれて、疑問が確信にかわるといよいよ、職場の移転を考えはじめるのです。

患者さんの生死の境を間近でみるのは、看護師においては特に、オペ室看護師と呼ばれる人々でしょう。看護師らは執刀医を筆頭とする手術チームのメンバーとなり、執刀医や麻酔医、臨床工学技師のサポート的役割をもちます。患部に刃をいれるメスなどの器具を瞬時に渡したり、執刀医の両手がふさがってしまったフォローをしたりと、即決の判断力が求められる業務を担当します。手術室の準備をしたり、術前や術後の患者さんの容態を確認したりする、外回りの雑用係もオペ室看護師の役目です。術中は記録をとったりする仕事もあります。

病院の中核ともいえる手術室でのオペ室看護師ですが、手術の時間は気の休まるときがありません。一瞬のすきでさえ、みすごせない過酷な現場での、チームの一員となるのです。しかしそれとは反対に、看護師としてのモチベーションは上がっていきます。専門的な手術の知識が身に付くだけではなく、精神的にも仕事にやりがいを持つことができます。また、手術室での勤務となりますので、病棟や外来といったところで働いていた時と違った経験ができます。今まで専門的知識を身に付けることが困難だったとしても、オペ室で働くことになれば専門的分野に強くなることができ、手術看護認定看護師といった資格まで取得することができます。オペ室での勤務を積み重ねることでキャリアアップにもつなげることができメリットといえる点です。

また、通常業務であると、夕方までの定時で帰れるのが、オペ室の仕事の特徴です。短時間であろうと、長時間であろうと、手術の日程はあらかじめ組まれますから、わざわざ深夜などの時間外におこなうことはめったにありません。空いている日を選んで、定時内の枠に収めるのが普通です。しかし、突然の呼び出しがあると、時間外や休日であろうと関係ありません。急患が運ばれた時点で、手術に突入しなければなりません。普段はゆとりがあっても、いつ緊急時になるかわからないというデメリットもあります。出勤日以外でも、ゆっくりくつろげないというのは、仕事柄仕方のないことなのです。

看護師求人サイトで、オペ室看護師のメリットとデメリットを知ろう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>【オペ室看護師求人ランキング】の詳細をTOPページで確認!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】 All Rights Reserved.