看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】

看護師オペ室求人ランキング TOP >> オペ室看護師の基礎 >> 看護師<オペ室>の役割・仕事内容

看護師<オペ室>の役割・仕事内容

看護師で一般的なのは「病棟」で働く看護師でしょう。病棟勤務の看護師は個人的に病院へ行った際にも見た事がある方がほとんどでしょうが、患者さんの管理などさまざまな仕事をしています。病棟の看護師とは全く異なる看護師が「オペ室」で働く看護師になります。オペ室というといわゆる「手術室」になりますが、映画やドラマで見る様な、メスなどを用意している看護師がオペ室で働く看護師になります。しかし実際には、言われた器具を渡すだけのような簡単な仕事ではありません。

オペ室の看護師の仕事内容は大きく分けて「器械出しや器械整理」と「外回り」の二つになります。前者が主にオペ室内で行なう仕事になります。手術で使用する器械の調整や整理などを行なう作業、そして執刀医に要求される道具を渡す事です。手術道具を渡す仕事に関しては言われてから渡すのでは遅いので、行なう手術の大まかな流れをしっかりと知識として入れておく事が大切になります。そしてまったく同じ名称で違う道具もあります。例えば「ハサミ」と言われても物はいくつかあるので、どの道具なのかの判断は看護師がしっかりと事前に確認し、状況を理解していなければなりません。外回りの仕事内容は、手術中に急に必要になった道具を用意したり、ガーゼの数の確認などをしっかりと行い、患者の体内に置き忘れていないかのチェック等を行なったりする事が必要になります。

手術中の患者の状態を把握するのもオペ室の看護師の仕事の一つになります。患者によっては体調が良くなくても伝えないケースがある為に、看護師の方がしっかりと確認し、医師に代弁する必要があるのです。もちろんこれら以外にもさまざまな仕事の内容がありますが、とにかくオペ室の看護師の仕事は「責任」が重大な仕事になります。看護師の仕事によって患者の命にもトラブルにも関係してきます。そして一見病棟の看護師と比較すると社交性がなくても出来そうと思われがちですが、コミュニケーション能力が非常に必要になるのがオペ室の看護師なのです。

オペ室の看護師と病棟の看護師では仕事内容も給料も異なってきますが、オペ室の看護師へ転職を希望する方は珍しくありません。まずオペ室の看護師に転職する際にはより良い職場を見つける為に「ナースフル」を利用する事をおすすめします。ナースフルは転職サイトで数多くの求人情報があり、転職のサポートを行なってくれるので便利です。上手に活用するといいでしょう。

オペ室看護師の役割や仕事内容を知るなら、下記のサイトが便利!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>【オペ室看護師求人ランキング】の詳細をTOPページで確認!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】 All Rights Reserved.