看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】

看護師オペ室求人ランキング TOP >> オペ室看護師の基礎 >> 看護師<オペ室>の勉強法

看護師<オペ室>の勉強法

医療ドラマでよくみかける手術シーンにおいて名医の腕に注目しがちですが、帯同している看護師も、奮闘しているのが画面から伝わってきます。フィクションとノンフィクションを同列に語ってはいけないでしょうが、実際の現場においてもオペ室看護師、通称オペ看は相当な技量と瞬発力がないとついていけません。オペ看の仕事を簡単に見ていきましょう。

まずオペ室看護師に課せられるのは執刀医の補佐や、執刀医・麻酔医との連携です。患部をみつけるまでに使う器具や、切開する時に使うメスなど瞬時に用意できるかが、課題になります。器械出しは基本的な業務であり、医師の指示とおりに渡すのが求められる仕事です。いうまでもなく、器械の正しい知識と、用途が頭に入っていないとできません。もちろん、知っているだけでは意味ありません。執刀医の指示を正確に聞いて、瞬間的に出せなければ、学習したことが水の泡になってしまいます。手術中に動揺してしまって、冷静な対処ができないのは、オペ室の看護婦として失格です。また執刀医だけでは処置しきない場合は、フォローに入って支えるのが手術室看護師の役目なります。麻酔医や、臨床工学技師の助けをする時もあります。

外回りの雑用業務をおこなうのも、オペ室看護師の仕事です。手術を成功に導くには、事前の準備が不可欠です。薬品や器具の用意、呼吸器などの点検をしたりと、手術室のセッティングを過不足なくおこないます。術前と術後には、患者さんの状態に異変がないかを確認するのも要求されます。もし微小であっても変化がみられた時は、即座に医師に報告しなければ なりません。うっかり見逃してしまうと、致命的な医療ミスにつながってしまう恐れがあります。何か違和感があれば、必ずしらせる必要があるのです。他にも術中には記録をとったりするなどオペ室看護師は休む暇がありません。

簡潔に仕事内容をまとめてみましたが、現場に入ると文字からは連想されないようなプレッシャーを感じることになります。業務だけを切り取って断片的にみるならば、難解な作業をしている印象はないでしょう。むしろ、自分にもできなくはないという根拠のない自信をわきたたせてしまう人もいることでしょう。

しかし、手術は体験した人にしかわからない切迫した空気につつまれており、歴戦の医師でさえ冷静な判断を狂わせる密室空間です。執刀医はオペに突入したら最後、後戻りはできません。成功か失敗か、結果は二つのうちどちらかしかありません。成功すれば患者さんおよびその家族から、感謝されます。失敗すれば恨まれると同時に、医師としての評判を落としてしまいます。患者さんが生死のさかいにいると同時に、執刀医も別の意味で生きるか死ぬかの瀬戸際にいるのです。チームにいるオペ室看護師にも責任がありますから、重圧と隣り合わせにをいるとみなすのが妥当です。

手術で慌てふかないためには、手術室でおこなうことについてきちんと勉強しておく必要があります。どんな器械があり、どんな機材が置かれているのかを事前に参考書等で学習しておくのは当然です。最重要課題は技能面になります。とにかく駆け出しのときは、実践的なトレーニングを積むしかありません。それぞれの技術を頭だけで理解しようとせずなく、手にもみにつけさせるのです。基本作業の積み重ねが、現場でいかすための近道になります。オペ看室看護師は、日々のたんれんを続けるしか、上達のコツがないとおぼえておきましょう。

看護師求人サイトで、オペ室看護師の勉強法もチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>【オペ室看護師求人ランキング】の詳細をTOPページで確認!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師オペ室求人ランキング【口コミで評判の求人サイトを徹底比較】 All Rights Reserved.